|
トップページ > FXで白色申告 > 領収書等の保管方法

領収書等の保管方法税務調査に備えてきちんと保管

領収書等の保管方法面倒な作業でもトレードと同じくらい大事!

確定申告が終わったからといって、経費に計上した領収書やFXの年間取引報告書なんかは捨ててはいけませんよ!

これらは税務調査が入ったときに、こちら側が「確かにこれくらい稼いで、経費はこれくらいでしたよ」っという証明するものとなります。

個人事業主として、より整理して保管を領収書は科目ごとに整理して保管!

領収書等は、領収書等の保存」にも書いたように、最大7年間は保管しておく必要があります。

さらに、雑所得での申告のときとは違い、事業所得として申告する白色申告では、収支内訳書も提出しています。
このため、収支内訳書に記載した科目ごとに、領収書を整理したうえで保存しておく必要があります。



ページトップへ戻る

経費科目ごとの領収書の保管方法

経費科目ごとの領収書の保管方法クリアファイルやノートを活用する

例えば、
通信費としてのプロバイダー料電話代
旅費交通費としての電車代等、
消耗品費としての文房具プリンターのインクカートリッジ
水道光熱費としての電気代
などなど、それぞれの科目ごとに領収書をまとめておきます。
(電車代の場合は、利用日と利用区間を記載したメモでOKです)

 

また、FXの年間取引報告書も各業者ごとにまとめておきましょう。

保管方法としては、それぞれまとめた科目や業者別にクリアファイルに入れたり、ノートに貼り付けたりしておきましょう。

面倒くさい作業ですが、トレードと同じくらい大切な作業です。
整理整頓しておけば、いざ税務調査が入った際も好印象ですよ〜



ページトップへ戻る

PR

●FX初心者向け ⇒ DMM FXは初心者向け

●FX事業化するならまずは白色申告 ⇒ 無料で使える 「やよいの白色申告 オンライン」

●FX事業も青色申告で節税 ⇒ 会計ソフトNo.1の弥生から新登場「やよいの青色申告 オンライン」−初年度無料−

ページトップへ戻る

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

Sponsored Link

Sponsored Link

Copyright(C) FXの税金と確定申告ガイド!All Rights Reserved.